<   2012年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

コッポ氏を招いてのディナー会

雨も風もピークは超えたでしょうか…

一安心です。

先日、ランピア初のメーカーズディナーを行いました。



b0239985_18384246.jpg


あ、画像が暗い…(気にしない、気にしない)

バルベラで最高の評価をされている造り手「Coppo(コッポ)」社。

バルベラって聞くと、まず「Braida(ブライダ)」を思い浮かべてしまいがちだが…


なんのなんの!!!






b0239985_184351100.jpg




「お前ら、許さんぜよっ!!」とはナンノ。


す、すまんぜよ…

閑話休題。

このコッポ、ブライダと二大巨頭、有名で偉大なバルベラの生産者なんです!

そこの四代目マッシミリアーノ・コッポ氏(通称マックス)をお招きして、ランピアのお料理とアッヴィナメント(マリアージュ)を皆さんに楽しんで頂きました。


一皿目は、バツワ(豚足とジャガイモの生ハム巻きコロッケ)

(しもた、料理写真撮るの忘れた…)


b0239985_1903823.jpg


待つわ…。

似てるからエエでしょ♬




b0239985_195518.jpg


「ルイジ・コッポ ブリュット」

ピノネロ100%、ピノらしいコクがあり泡立ちもクリーミーで滑らか。豚足、生ハム、フリット、どれとも相性バッチリ、最高のスタートでした。





b0239985_19215516.jpg


二皿目、ヴィテッロ・トンナート(仔牛の冷静、マヨネーズとツナとケイパーのソース)



b0239985_19171124.jpg


「コステ・ビアンケ」

シャルドネ100%、バリックで熟成しているが非常にクリアでバランス良くできている。樽のニュアンスがシャルドネの特徴を消さず果実味も酸もとってもお上品。




b0239985_19271860.jpg


三皿目、自家製サルシッチャを使ったタヤリン



b0239985_19283276.jpg


「カンプ・デュ・ルス」

「赤い畑」と名付けられたワイン。何でその名前なのかと言うと、このカンプ・デュ・ルスの畑を最初に所有していた人が赤毛だったからだそうです。ちなみに、方言ではなくピエモンテ語なんだそうです。
バルベラ100%で樹齢はだいたい30~35年、古樽率80%だそうで、なるほどとっても小慣れていて心地よい飲み口。色んなスパイスや胡椒、赤い果実の香が溢れんばかりに口の中に入ってきます。




b0239985_1936132.jpg


メインは山形牛前すねのストラコット



b0239985_19372776.jpg


「ポモロッソ」

1980年代にコッポのバルベラをイタリアに広めるきっかけになったワイン。マックス曰く「No.1のバルベラ」とのこと。
樹齢は50年と古く、厳しい選定をし優れたブドウだけでこのワインを造るんだそう。聞けば1ヘクタールあたり約13キロしかこのポモロッソ用のブドウは収穫されないんだと。カンプ・デュ・ルスは1ヘクタールあたり約20キロの収穫量があるそうなので、これが3ヘクタール、5ヘクタールとなるといかに低収穫量であるかが分かる。

香、果実味、酸、タンニン、どれもが素晴らしいのヒトコト。

マックスに「ストラコットとポモロッソのアッヴィナメント最高や〜ん♬」

とお褒めの言葉頂きました。



b0239985_19502319.jpg


「モンカルヴィーナ」

ドルチェミストとこの微発砲モスカートが何とも言えないハーモニー♬

ジュワッと甘みがカラダ中に染み込んで行くのがわかりました。






b0239985_19534191.jpg



最後に壁にサインをしてもらい記念撮影♬


とても楽しく、大変勉強になり有意義な時間でした。



お越し頂いたお客様、今回お話を頂いたインポーターさん、そしてマックス、皆様本当にありがとうございました!
[PR]
by Lampia | 2012-09-30 20:01 | ワイン会

なんて事ないハナシ

僕は「メガネ」って呼ばれる事があります。

確かにメガネをかけているから「メガネ」って呼ばれる事に何の疑問も不快感も感じない。

これが「コンタクト」とか「老眼鏡」ならば声を大にして「ちゃうわ!!」と反論するのだが…

友人にもそういう類いの呼ばれ方、むしろ自分で言っていると言う方が正解なのかもしれない人がいる。

Kamekichiの亀井さんはそのまま「カメキチ」と呼ばれる事があり、Cerchioの三好さんは「あごひげ」と形容をする。

その辺までならば良いだろう。

ただ、家族に事までもそれっぽく呼んじゃってるもんだからたまにややこしくなる時がある。

カメキチの嫁だから「ヨメキチ」、子供の事は「コカメ」とか

あごひげの嫁だから「よめひげ」、子供の事は「ちびひげ」なんて。

カメキチんとこはともかく、あごひげんとこは何て言うかな…んもうなんかツッコミどころ満開で訳が分からないんですよ。


で、考えてみた。


僕は既婚者で…


僕はメガネをかけている…


って事はだ、嫁の呼び名は必然的に…







ヨメガネwww





になる。



呼ばへんけどな…

仕事しながらそんな事を考えていた秋の昼下がりでした。
[PR]
by Lampia | 2012-09-27 20:12 | ヒトリゴト