グラッパはじめました

こんばんわ、メガネです。

我等がガンバ大阪、キャンプの成果も実らずレッズに後半ロスタイムに決勝点を献上という今シーズンを象徴するような敗戦でした…。

どうやら09年シーズンに在籍していてさっさとオイルマネーの餌食でアル・サッドに移籍したレアンドロを1年間のレンタルで再獲得だそうで。

ラフィーニャ、パウリーニョ、イ・スンヨルと助っ人が全く結果を出せていない今、レアンドロにかかる期待はハンパないっす!

J2降格で地方巡業なんて絶対にイヤやっ!!



閑話休題。



ランピアにはかなりの数のグラッパがあります。

もちろんピエモンテのものが殆ど。

でも先日入荷しましたグラッパはヴァッレ・ダオスタ産のグラッパです。



ヴァッレ・ダオスタってどこにあるか知ってますか?

イタリアのいっちばん北西に位置します。フランス、スイス国境を接してて、モンブランやらマッターホルンの麓にあるイタリア最小の州で、スキー場やカジノが有名な所謂リゾート地です。

実はすんばらしいワインの生産地でもあり、ランピアにはピエモンテワインの次にヴァッレ・ダオスタワインがイパーイあるのです!

今回入荷のグラッパ、はっきり言うてスゴいです!

b0239985_18223565.jpg

エチケットなんて存在しません(笑)。

では順番にご紹介♬

b0239985_1824242.jpg

ジネープロ(黒スグリ)の雄しべ入り。
ほぼ無色、口に含んで鼻から息を抜くとジネープロのかほりがします。


b0239985_18282098.jpg

アンズ入り。
フレッシュのアンズを漬けてるだけ、感覚は梅酒ですね。
時間と共に色は濃くなって行くとの事です。ここまでは序の口。


b0239985_18302935.jpg

色んなハーブ入り。
b0239985_20281261.jpg

瓶底はこんな感じ。
「山でとれた色んなハーブ」的な何ともザックリとした説明しか表記されておりません…。

「まさか脱法!?」

すいません、冗談です(汗)。


b0239985_18364373.jpg

コケモモ。
底にはコケモモがタプーリ沈んでおるのですが、完全に色素が分離してる。
どこかに「よく振ってからお飲み下さい」って書いてるのかと思いきやどこにも書いてない。
このまま置いておくとキレイに分離するんだろう…。


b0239985_18415056.jpg

さぁ、こっから未知の領域です(笑)。
中に入っているもの、「木の枝」です。
え?よく聞こえなかったって??


木の枝です!


リクイリッツィア、和名「甘草」です。
甘草のかほり、甘みがあって正直美味しいです♬


b0239985_20233418.jpg

もはや訳わからん(笑)
これも多分甘草の枝、プラス八角が入っております。
よく見ると葉っぱっぽいものが一枚だけ入ってたり、何でもあり!手作り感満開で個性豊かなグラッパ達。

それ以外にも沢山、もちろん王道のグラッパもあります。

食後酒好きな方もちゃんと飲んだ事ない方も、グラッパいかがでしょうか??
[PR]
by Lampia | 2012-06-17 20:30 | ワイン
<< 王手 定休日 >>